帰化申請 条件 【特別永住者】








帰化申請
 (会社員)




100,000円




帰化申請
 (会社経営者・役員)




150,000円




同居の家族1人追加





40,000円



特別永住者 帰化申請の条件について







  帰化申請の条件は大きく分けると以下の通りです。





  
帰化申請条件 1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること。【特別永住者】



  
永住許可は原則10年以上ですので、この点は帰化の方が緩やかです。



  
留学生(留学ビザ)の方は5年以上日本に住んでいる場合であっても、



  原則卒業後に
就労ビザで3年以上の日本居住が必要です。



  *ただし通算10年以上でも申請可能。



  
日本人の妻・夫(日本人の配偶者ビザ)は3年以上日本にいれば帰化できます。







  
帰化申請条件 2. 20歳以上で本国法によって行為能力を有すること。【特別永住者】



  家族全員で帰化する場合は、未成年でも赤ちゃんでも帰化は可能です。







 
 帰化申請条件 3. 素行が善良であること。【特別永住者】



  軽微な駐車違反程度ならあまり心配する必要はありませんが、



  飲酒運転等は帰化申請条件の「素行が善良」と判断してもらうのは難しくなります。







 
 帰化申請条件 4. 本人又は生計を同じくする配偶者その他の親族によって生計を営むことができること。



  サラリーマンの方など安定した定期収入がある場合には貯蓄が無くても大丈夫です。



  現在無職の方は資産・貯蓄があり当分の間生活を維持できるか、




  親族から生活の援助を受けているなどの証明が必要になります。







 
 帰化申請条件 5. 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと。



  日本では原則として二重国籍が認められておりませんので、



  日本国籍を取得することで今の国籍を喪失することになります。







  
帰化申請条件 6. 日本政府を暴力で破壊することを企てたりしたことがないこと。







 
 帰化申請条件 7. 日本語の読み書きができること(国籍法に規定はなし)。



  帰化の動機書は申請者が自筆することが求められ、特別永住者法務局での面接も日本語で行われ



  る為、基本的な日本語能力(基準はないが、一説では小学校三年生以上の日本語能力



  と言われている)が要求されていると言えます




  帰化とは、外国人が日本国籍の取得を希望する場合に、法務大臣の許可により、日本の国籍を取得できる制度です。




  (国籍法第4条)













お問い合わせ




帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






帰化申請の窓口